© 2023 by SMALL BRAND.(著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。

BLOG

9/30/2016

イメージすることはとても大切だと思います。

イメージトレーニングという言葉もありますが、

自分自身を感じることなのですね。

座談会でも毎回ヨガで自分の内側と向き合います。

外へのイメージもあります。

去年春にたけのこの話をある方としていました。

「なんか子どもはタケノコみたいだね。」と言われたその方は、

お子さんはお2人で、大学生と高校生です。そんな方のイメージ。

みなさんもイメージしてみてくださいね。

「たけのこは親竹の根っこからでてくる。

たけのこを育てるにはとにかく土が大事。

やわらい土にふかふかの藁を敷き詰める。

空気がほどよく含まれていると、まる...

9/27/2016

眠ることにはどんな意味があるのか。

私自身には、心と体を休める。脳をリセットする。今日学習したことや経験したことを熟すため。寝ている間に、ホルモンバランスを整える。心がやわらかくなる。などなど。

みなさんはいかがですか?

あまり考えたことないわ。という方もいらっしゃると思います。

こんな記事もみつけました。

「ある文部科学省の調査で、中学生では就寝時間が遅い子ほど、なんでもないのにイライラすることがある割合が高いことがわかった。

スマートフォンを使う時間が長い子ほど、就寝時間が遅い傾向もわかった。」

中学生の思春期真っ只中のお子さんは、ただでさえ...

9/26/2016

環境省の母親へのアンケートわかったこと。

「3歳児の3割は午後10時以降にとこに就く『遅寝』の傾向がある。」

1歳6か月児では16%だそうです。

ある新聞記事によると、

その理由として、「共働き家庭が増え、両親の帰宅や就寝の時間帯が遅くなっている影響・・・・・大人の生活の夜型化など」があげられています。

それなのに、「朝は保育園の通園や親の活動に合わせて早く目を覚ます『遅寝早起き』になっている。それが習慣化していくと慢性的な寝不足になる」

子どもへの影響は、

「寝不足は、心身の発達を阻む可能性がある。」

なので、

「十分な睡眠時間と規則正しい生活リズ...

9/22/2016

以前開催した番外編。

小学生のお母さんが集い、子どもと向き合う中でいろいろな感情や悩み、不安をことばにしていただきました。

ふだん集ってもらっている就学前のお母さんにはその時の悩みが。

それからまた年数を重ねているお母さんだからこそある胸の中の思い。

普段はあまり口から出すことのない思いと向き合うことができました。

その中であのことばを例にあげてくださったお母さんがいました。

みなさんも一度は耳したことあるのではないでしょうか?

あるCMで流れていたのは、相田みつおさんの詩だったのですね。

『セトモノとセトモノと、

ぶつかりっこするとすぐこわれちゃう

...

9/21/2016

昨日の台風では岡山には大きな被害はなくて安心しました。

他の地域では様々な影響がでているようで、

人間は地球という大きな自然にはあらがえないのか?

と改めて地球の上で生きていることの意味を考えてしまいます。

本日は秋めく風と空気を感じながら、

限定版の1回目が開催されました。

参加してくださった方本当にありがとうございました。

これまでの座談会に参加しているメンバー限定。

すでに一度顔を合わせているので、お母さんも私たちも

前回よりとてもリラックスしてよいお顔を向き合わせながら

少し深く具体的に話をすることができました。

お母さんたちは、前回より変化を感...

9/15/2016

待合室での出来事。みなさんは何を感じましたか?

私はこんなことも思いました。

なかなかやめないのはお母さんもスマホをしているからかな。

自分はスマホずっとみているのに、「やめろ」と言われてもやめないかも。

そう思いながら、普段の生活の中で子どもにやめてほしいことを

自分もしているかも!と、反省です。

それからこうも思いました。

お母さんの伝え方も変えてみるべきかも。

「やめて」としか言ってないし、命令するような言い方だな。

「やめようか。」と問いかけてみるとか、

「あと5分でやめようか。」と見通しをたててみるとか。

「あと何分する?」と本人に決めさせても...

9/13/2016

以前からよく見る光景で、いつもその空間にいると私自身も「むむっ!」とさせられる場面。

先日また出会いました。

とある待合室にて。

スマホを手にじっと画面を見る母親と

DSを両手で持って熱中している幼稚園くらいのお子さん。

30分ほど無言で2人とも画面に向かい合っていました。

そして会話?が始まります。

母「もうそろそろやめなさい」

娘「・・・」

母「やめなさい」

娘「・・・」

母「やめて!」

娘「・・・」

ゲームをやめないお子さんをそのままに、母はそのままスマホの画面に目を移しました。

5-6分後。

母「もうやめて!」

娘「・・・」

母「・・・」   お子さんはゆっ...

9/11/2016

五味太郎さんの絵本はよく目にしますが、まだまだ知らない絵本がありました。

1年ほど前に中央図書館で出会った絵本です。

とても印象に残りました。

だって、『さとりくん』は子どもたちの中,いるのですもの。

子どもたちは、もちろんみんなさまざまな性格や特徴をもっています。

おっとりやさん。しゃきしゃきちゃん。のんびりくん。

しっかりくん。おっちょこちょいさん。おもしろくん。マイペースさん。

ほんとうにいろいろなお子さんがいますが、だから楽しいのですよね。

その中でも『さとりくん』は、うまれつきさっとているとりです。

もののどおりがわかっているのです。

ちょっ...

9/7/2016

「承認欲求」という言葉を頻繁に耳にする時期がありました。

人は誰しも「人に認められたい」という気持ちがあるといいます。

これを他者承認といい、「自分自身も認めているか」というものを自己承認というそうです。

私たち大人ももちろんありますが、「うちの子にもあるなあ。」

と思われたのではないでしょうか。

人間の基本的な欲求なのだそうです。

お母さんお父さんに自分を承認してもらいたい。

食欲、睡眠欲と同じなのだそうです。

日常的に満たしてあげないと体調も精神的にも影響がでてしまうのでしょうか。

となれば乳幼児期にその欲求を周囲の大人が満たしてあげることが、

基...

9/5/2016

みなさんは日常的にイライラしやすいですか?

そしてイライラすると大きな声を出したり、表情にすぐでてしまう方ですか?

日常的に自分自身の怒りをコントロールできていないと、

子育ての場面でもすぐカッとなってしまい、声を荒げてはいませんか?

私もそうでした。冷静になって思い返してみると、

ほとんどの場合、そんなに怒られることを子どもはしていないのです。

今、ビジネスマンや専門職種、サービス業などの仕事で

「アンガ―マネジメント」という怒りをコントロール(上手に付き合うように)することが

注目されているようです。もちろん子育てにもとても大切なことだと思いま...

Please reload

​アーカイブ
Please reload

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now