© 2023 by SMALL BRAND.(著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。

BLOG

2/27/2017

現代の子育てには「4つの過剰」がある。

 と新聞記事になっていました。

五ヶ瀬川町をフィールドに小中学生を対象に自然体験を重んじて活動されているNPO法人の理事長がことばにしたものです。

なんだと思いますか?

******

まずは、

「物の過剰」

「指示の過剰」

家庭や学校で朝から晩まで子どもたちは

指示され、自分で考えて行動できなくなってしまう。

次に

「世話の過剰」

生活の基本的なことを親がやってしまう。

そして、

「受容の過剰」

例えば、習い事をやめたいと言えば言う通り。  (記事参照)

******

「あちゃ~」「それやってるかも」「わかるわかる」

何かを子ど...

2/23/2017

 人として

とても大切なこと。

「ここにいてもいいんだよ」

と言ってくれる場所があること。

人は、人と人との間で生きているから。

たくさんの人と人。

その関係の中で

「ここにいてもいいんだ」

「自然体な自分を受け入れてくれるんだ」

と安心できなければ

つらいよね。

子どもたちはその時その時を

精一杯頑張っている。

なのに

ダメと否定される。

違うことを押し付けられる。

みんな同じでなければいけない。

もっともっと頑張らなければいけない。

今のあなたではだめ。

言い続けられるとどうなるだろう。

お母さんだって人だから、

今のあなたで大丈夫。

人と違って何がいけない?

頑張ってるね...

2/20/2017

 それはとても有名なことばだったのです。

ことばや本、映画、人など

それらの出会いは

縁?必然?

今自分が必要としている。

今の感情や気持ちに対して

こころの安らぎをえるため。

引き寄せられるように

やってくる。

それとも

無意識のうちに

自ずとアンテナをはることで

キャッチできているのか。

「なんで今ここでこれに会う?

今の自分に必要なことだ~~。」

そしてそれらに数か月の間に

何回も出会ってしまうこともよく経験します。

その有名なことばは

その時私にはとても必要だったようです。

肩の力が抜けて

こころが柔らかくなり

悲しみや怒り、後悔などが消えていくような。

行きどまりの...

2/17/2017

座談会に参加してくださった

あるお母さんがことばにしました。

「自分を軸にして

毎日子どもと向き合って

生活しています。」と。

まずはお母さんである自分自身が

楽に過ごせるように。

結果的に子どもも楽になる。

「軸」ということばに

反応しました。

普段から「ブレない」ということばで

お母さんが落ち着いて

日常を過ごすことは大切だと

アドバイスすることはよくありました。

それを違う視点からみている。

とてもわかりやすいイメージ。

毎日の流れの中でどうブレずに進むか。

流れの中で何を軸にして生活をしていくかを

ちょっとイメージしてみる。

そこにも「気づき」があるような気がし...

2/15/2017

 本日

「3回コースの座談会 vol.2  第2回」

参加者が集ってくれました。

参加者全員が

自分に向き合い、

他の人の話を聴き、

そして「気づき」へとつながった。

その瞬間のお顔は

何とも言えない自然体の

よい表情。

集ってくださるお母さんは、

日々精一杯の生活の中で、

もがき、苦しみ、それでも楽しみたくて。

なんとかいい方向にと

ちょっと頑張りすぎて力が入ってしまう。

お母さんだって「人」なんだから。

「ほんと頑張ってるよね。」

「自分を思いっきりほめて認めてあげよ。」

そして

子どもも「人」なんだから。

「すごい。頑張ってるね。」

「自分のペースで焦らずにね。」

「泣...

2/11/2017

人と人との関わりの中に

線が必要だとはっきりイメージできたのは

最近かもしれない。

もちろんそれは誰しも自然にできている。

でも、意識していなくて

あいまいになっていたり

消えかかっていたり

太くしすぎいたり。

アドラー心理学では

「課題の分離」ということばで

とても分かりやすく

線をイメージするのを手伝ってくれた。

線を引くことで

関係がスムーズになり

相手を思いやり

心地よく生活できる。

子育ての中でも

親自身がある程度子どもとの間に

線を引くことはとても大切なのではないだろうか。

例えば

大人だから触れるもの。子どもは触れることが好ましくないもの。

例えば

子どもを怒っ...

2/8/2017

よく知られている「葉っぱのフレディ」を

読むのが好きです。

訳をされているみらいななさんの

言い回しが心地よいからかもしれません。

だけれどもそれ以上に

深く考えさせられる

何かがそこにあるのです。

一見「死への恐怖」を和らげる読み物として

とらえられることもあるようですが、

私にとっては、

「生きることに何度も向き合うきっかけをくれる」もの。

自分は人とは違うと気づいたのはいつだろう。

でもやっぱりみんな同じなんだと気づいたのはいつだろう。

この世界は変化し続けている。

その変化を楽しめているだろうか。

みんなそれぞれが大切ないのちである。

そんな自分のことをど...

2/6/2017

大人にできる下準備。

気持ちの部分でできることは

「心づもりをする」こと。

(11/19/2016 下準備:大人にできること)

まだほかにもできることがあるのです。

それは何か事を起こすとき、

お母さんが「心づもりをする」だけでなく、

お子さんに対して「見通しをたてる」こと。

普段の生活の中で、

多くの場合、大人の都合で行動しています。

または、大人が決めたスケジュールに子どもをはめようとしています。

例えば、今日はOOに行く。

お母さんの頭の中では、はっきりと何時に家をでるから

それまでにこうして、ああして、これして。

そばで子どもはいつも通りの行動。

時間間...

2/4/2017

春を感じさせるような

日差しの中で、

2017年初めての

単発座談会がありました。

今日も参加してくださり感謝します。

そしてこの出会いに感謝します。

すでに何回目か座談会に

参加しているお母さん、

初めてでどうなるのと思っているお母さん、

少し緊張しているメンバー、

くんぺるという場所は、

すべてを受け入れてくれて

参加者みんなをつないでくれます。

その場所で、いつも暖かく

みんなを見守ってくれている

代表に感謝します。

今日もそれぞれがことばにすることで、

他者を受け入れ、考え、肯定し、

自分と向き合い、受け入れ、また考える。

流れの中で小さな気づきを見つけてくれた...

2/2/2017

人と人とが存在しあうのに必要なこと。

「信じること」

「信じることのできなかった人」には

「信じるべき」だとわかったとき

とてつもないほどの大きな

悲しみ・絶望感

喪失感・後悔

懺悔・怒り

様々な感情が襲ってくる。

そして「信じてもらえなかった人」にも同様のものがやってくる。

「怒り」という映画があります。吉田修一原作。

感情のことを気にかけている私は、

みえない糸で引っ張られるように映画館へ・・。

題名から「怒り」がテーマだと思い込んでいた私は衝撃を受けました。

「信じることができない人」が相手が「信じるべき人」だと分かった時のダメージは

こころに収めきれない...

Please reload

​アーカイブ
Please reload

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now