© 2023 by SMALL BRAND.(著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。

BLOG

6/29/2017

おひとりずつ

ドアを開けて入ってくる

その顔は

1回目にお会いした時より

みなさんとても明るくて

この表情をみることが

私たちメンバーの

心をとても温かくしてくれる。

参加者の方々自身が

ちいさな変化を感じています。

毎日こどもにばかり目が向いていたのに

自分とも向き合えています。

それぞれのちいさな変化。

それは親としてまだ未熟な実が

少しずつ色を変化させるように。

人と人。

だからこそ

人として向き合い

人として関わる。

生きることって

悩み苦しみもがき

前に進んでいくことなんだなあ。

子育て始めたばかりのあかあさんたちを目の前に

再認識させてくれた回でした。

ありがとうござ...

6/24/2017

安心と自信。

幼児期に育まなければいけない

とても大切なこと。

それらがベースがあって、

自分が好きと思える。

そして

成長して大人になるために

誇りと自信。

もちろん勉強ができることは

大切かもしれない。

でもそのまえに

どんな大人になってほしいか考えてみよう。

親である自分自身もどんな大人でありたいか考えてみよう。

自分という人間に誇りをもって生きているか。

自分の行動やことばに自信と責任をもっているか。

誇りと自信をもってもらうためにどうすればいいか。

子育てとは、

そんなことを考えながら

日々悩み

正解がない道を

子どもを見守りながら

歩むことなんだろうな。

長い道の...

6/21/2017

その先の見えないトンネルも

安心と自信があれば進んでいける。

ある本に

『将来のいつかのために

今を犠牲にする修行ではい。

幼児期にできるのは

できるだけ多くの

安心と自信を子どもたちに持たせること。』

とあった。

親は本当に子が大好きで大切で、

あなたをよくしてあげたい!っていう気持ちでいっぱいです。

ところが、その気持ちは強すぎて

ちょっと方法が間違っていたり

横にそれたりしていまいがち。

子が本当に望んでいるのは

「だいじょうぶだよ」

「よく頑張ったね」

「あなたにはできるよ」

「失敗してもまた挑戦しよう」

「一緒に考えよう」

と微笑みながら見守ってくれている親かも...

6/18/2017

「人生は間違い探しではなく

ピースを合わす作業。」

自分の人生にしても

子の人生にしても

なぜ間違い探しばかりしてしまうのだろう。

ゲームなら間違い探しはおもしろい。

でも現実の中での間違い探しは

とてもとてもつらいだけ。

私も子どもがもっと小さい時

子のダメなところ

子のできていないところ

子の自分に合わないところ

そんなところばかり目が向いて

ことばにしてしまい

親も子もつらいだけだった。

結果前にすすめていない。

すすんでいても心が縮んでいく感じ。

間違いを探すのではなく

合うピースを探す中で間違ったとしても

次のピースを探す作業をしよう。

なるべく間違い探しをやめ...

6/15/2017

「単発コースの座談会」

ただいま参加者の申し込み受付中です。

不安な悩みをあまり感じていないくても

「育ち」いついて「気づき」を見つけてみませんか。

そこから何か変化が生まれるかもしれません。

<日時>

​2017年  第1水曜日  7月5日

​     9時半から11時半

<テーマ>

~小さな気づきを見つけよう!~

<内容>

 ・リラックスタイムで自分の体と話してみよう(ヨーガ)
 ・育ちを一緒に考えてみよう(座談会)

<対象>   

2才以上 就学前のお子さんの親

 ★集いの性質上お子さんは一緒にいることができませんが、

   お子さんを預けるの...

6/13/2017

その本にはこんなことも書いてあります。

物事がうまく行く為に必要なことの3分の2が感情に関わることだと。

人は感情の生き物ですから。

ロボット対ロボットでは

生まれはしない感情が

人対人の間には

必ず感情があり、

物事を左右してしまう。

うんうん。そうです。

そこでリーダーシップに欠かせないポイント3つが紹介されています。

①自分の感情に気づく。

②相手の感情に気づく。

③グループの感情に気づく。

本当に簡単なようで気づけてません。

ことばにしてもらい改めて

「そうそう。そうだよね。」ってうなずくことができます。

その3つのポイントをふまえて

「心のセンターラインを...

6/10/2017

 (この写真は何に見えますか?)

メンバーの一人から借りた本。

「0秒 リーダーシップ」

つまりはビジネス本ですが、

そこには一人の親として

一人の子として

そして仕事をする一人の人として

それから社会での人として

すべてに通じることが書いてあったように感じました。

リーダーシップの基本の3つ

①優しさ

②厳しさ

③茶目っ気

ここでいうリーダーは

単に人の上に立つとか

人に指示を出すような

ちょっと私には無理っていう

リーダーではないのです。

仕事場でも

地域の集まりでも

家庭内でも

なんとなくその場の雰囲気になにげなく影響を与えている。

流れがよどんでもよい流れに変えていく...

6/7/2017

最近思うことがあります。

車で道路を走るとき、

狭い道なのに

とてもスピードを出して

右によって走っている車。

対向車が来ても左に寄ろうとは

思わないのかな。

下校の時間でも

子どもがいてもスピードを落とさない車。

子どものキリキリをお互いすれ違う車。

子どもたちの安全は考えないのかな。

確かにちょっと急いでると

自分優先になってしまうことはある。

これまた反省。

でも車だけの社会じゃないし

車と車の社会でもない。

自分も車を運転していて

相手の車にも人が乗っていて

歩行者がいて自転車がいて。

誰が悪いとかいいとかではなく

一人一人が思いやりをもって

同じ場面を共有したい。

...

6/5/2017

先日のこと。

いつもたくさんお話をさせてもらっていて

たくさんのことを気づかせてくれるMさん。

またハッとさせられました。

「最近、早い、便利でとても

暮らしやすくなったけれど、

その早い、便利になるまでに

必ず人がいる。そのことを忘れている。

もしかしたら一人ではないかもしれない。

たくさんの人が介在していて、

その人それぞれの気持ちがあり

人それぞれの背景がある。」

確かに。

ワンクリックでものが買える。

翌日には物が家まで届く。

あたかも物がワープするようだし、

翌日手元にあるのが当たり前と思ってしまう。

そこには必ず人がいる。

『期日までに届けてあげたい』

と一...

Please reload

​アーカイブ
Please reload

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now