© 2023 by SMALL BRAND.(著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。

BLOG

​お知らせ

ZADANKAI

「単発コースの座談会」詳細・申し込み

 

6/16/2018

まだまだ未熟で青いのは

大人も子どもも同じ。

体の成長は止まっても

こころは必ず成長できるはず。

「自分を信じて。

正しいか間違っているかではなく

快か不快か

心に素直に。」

みたいなことばを

ここ数年で何回も耳にした。

そして最近気づいた。

???

これって、子どものことだ。

生まれてすぐの赤ちゃんなんか

一番自分を信じてる。

成長して自我が芽生えたとき

やっぱりこれは正しいとか

間違ってるとか考えて行動なんかしてない。

自分が楽しいか。気持ちいいか。

やりたいか。欲しているか。

ただそれだけで自分の気持ちを信じて

行動することが周囲の大人から見ると

困った行動に見えてしま...

6/8/2018

 長いタイトルをつけてしまいました。

親から見て問題または困っているとみることのできる行動。

たとえば、

ゆびすい

赤ちゃん返り

かんしゃく

登園しぶり

などなど。

これって本当に

それをやめさせないといけないのでしょうか。

子どもの発達の中で

歩き出して言葉が出だすとあとは

心の部分の発達がメインとなってきます。

その内面的な部分は表面的にみることができない。

子どもはまだそこまで成長していない心に

自分で抱えきれない負荷を感じた時

無意識に表面(行動)にだしてしまうのではないでしょうか。

親から見ると今までみえなかった部分が

突然みえちゃうからとても戸惑うしびっく...

5/25/2018

みなさんはどうですか?

親の言い分。

子の言い分。

毎日の生活でどちらが

大きく占めていますか?

社会というたくさんの人の中での

自分の言い分はとてもちっぽけ。

力関係があったりすると

とても言い分を前に出すことなんてできない。

社会が小さくなればなるほど

自分の言い分が占める割合は大きくなるから主張しがち。

親と子の言い分はそれぞれあるのに

どうしても

親の言い分>子の言い分

になってしまう。

親ばかりが主張していたりして。。

実は子のほうが親の言い分をよく聞いてくれていることに気づく。

もしかしたら

親の言い分<<子の言い分

になっている親子もいるかもしれない。

人と...

1/11/2018

あけましておめでとうございます。

年末向き合わなければいけない

たくさんのことがあるのに

進めていくための道具である

パソコンが壊れました!!

いろんなことを考えつつ向き合ってみた。

とにかく壊れたという事実。

しなければいけない、したいことあるけれど

進めない事実。

相談・修理をするために丁寧に電話対応してくれた方々・パソコンを取りに来てくれた運送屋さんのお兄さんへの感謝。

おそらく初期化しないとダメという事実。

PC内のデータはバックアップ全部とれてないので

取り出すのに数万かかるという事実。

年末年始でまあパソコンにずっと向き合う必要はないのではという...

12/5/2017

初めての「ふぇいすつーふぇいす」。

今日もたくさんことばにしてもらいました。

泣いて笑って、考えて。

そして小さくてもたくさんの「気づき」を

見つけてもらったのではないでしょうか。

マル助産院https://www.marumidwiferyhome.com/

アットホームな雰囲気の中で

お茶や美味しい手作りパイを食べながら。

気づいたらあっという間に時間が経っていました。

マル先生ありがとう。

おかあさん。Sくん。ありがとう。

私もいつも出会うお母さんたちに勇気づけられています。

だから、私もお母さんたちを勇気づけたい。

ふぇいすの中でも話題になりました...

Please reload

最新記事
Please reload

​アーカイブ
Please reload

タグ検索
Please reload

  • facebook
  • Instagram
This site was designed with the