© 2023 by SMALL BRAND.(著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。

BLOG

​お知らせ

ZADANKAI

「単発コースの座談会」詳細・申し込み

 

7/4/2018

食べること

寝ること

心の発達

ことばの意味

物事の概念

数字の概念

人とのやりとり

人への信頼や尊敬

私たちのいきる社会には

ルールや約束があって

それを守ることが

気持ちよく生活できる。ということ

たくさんの生きるために

習得していくべきことたちは

子どもたちが

日常の中で

周囲の人たちとの

つながりの中で

得ていくもの

大人である私たちも

まだ完ぺきではないし

他人からみたら間違っていると思われることもある

けれども

子どもたちとの日々の生活の中で

伝えていけることは

たくさんある気がする

生きるためのすべは

教育では得られない

日常のすべてが教えてくれるのではないだろうか

決して押...

6/8/2018

 長いタイトルをつけてしまいました。

親から見て問題または困っているとみることのできる行動。

たとえば、

ゆびすい

赤ちゃん返り

かんしゃく

登園しぶり

などなど。

これって本当に

それをやめさせないといけないのでしょうか。

子どもの発達の中で

歩き出して言葉が出だすとあとは

心の部分の発達がメインとなってきます。

その内面的な部分は表面的にみることができない。

子どもはまだそこまで成長していない心に

自分で抱えきれない負荷を感じた時

無意識に表面(行動)にだしてしまうのではないでしょうか。

親から見ると今までみえなかった部分が

突然みえちゃうからとても戸惑うしびっく...

4/26/2018

すがすがしい空気の中で

4月の座談会が開催されました。

たくさんことばにしていただきました。

そして、メンバーもまた気づきをみつけることができました。

おやつは今回も淳ちゃん先生の手作りです。バターを使用していないということで

とてもなつかしい味でした。

ほかにも体に優しいおやつを準備してくれました。

いつもありがとうございます。

「人の中に生きるということは」

「信頼関係」

「尊敬があって」

「育ち」

「行動にストーリーを」

いつものようにキーワードはたくさんあります。

次回の開催は

5月16日水曜日。

4/3/2018

親になって時々思いとどまる時がある。

どの時期の成長過程にも

順番が必ずあることを忘れていて。

身体も心も成長するのだけれど

それには順番がある。

そして、その子その子少しずつ違う。

目に見えないこころの発達は

特に見逃してしまいがち。

お座り、はいはい、つかまり立ち。

目に見える発達に順番があるように

こころの発達にも順番がある。

一応標準とされているものはあるけれど

その子にそれがぴったり当てはまるわけではない。

どうしても親は早く成長してほしくて

その子の順番を何個も飛び越えて

期待してしまう。

期待があると

できないときに

なんでできないの?と

責めてしまって。...

2/2/2018

根っこをみると

いつも考えてしまいます。

たくさんの根っこが

この木を支えていて

栄養分も葉っぱ一枚一枚に

いきわたらせている。

太く見える根っこからまた

根っこが地中に伸びていて

細い根っこはどこまであるのか。

人も今までの経験が根っこだとすると

いいことも悪いことも栄養になっているのだろうか。

今この瞬間も人をつくっているのだとわかれば

今に向き合っていけるかな。

出会うすべての人に感謝していけるかな。

今まで出会った人たちも根っことなってくれるなら

もっともっと自分らしい木になって

自分らしい葉っぱをつけて。

それは力を入れすぎなくても自然体で。

今までの経験も...

12/21/2017

庭のミカンの木。

7-8年前までは

周囲の木に囲まれていて

太陽の光にもあたらず

毎年実は数個しかならなかった。

やっと成長した実も

皮が厚くて味もぼつぼつ。

ところが周囲の木を整えて

太陽の光を木全体が浴びるようになって
翌年から確実に実のなりかたに変化が。

実の数が徐々に多くなり

皮が徐々に薄くなってきて

味も徐々にあがってきた。

7-8年たって気が付いたら

木いっぱいに実がなっていて

木がいきいきとしていた。

環境を整えるとはどういうことか。

環境が整っても大きな変化があるのは

年数がいるということ。

いろいろなことに気づく。

子どもに対しての親の役割の一つ。

観光...

12/17/2017

早いものでもう2017年が終わろうとしています。

今年はどんな年だっただろう。

来年はどんな1年になるのかな。

そんなことを考えつつ

今日を、今を生きていく。

NPOおかやまおしえてネットの活動である

「はぐはぐプロジェクト」。

1歳までのはじめてのお子さんのお母さんを対象に

いろいろな専門の人からお話が聞ける講座です。

そこでお渡ししている大阪小児科医会のパンフレットの抜粋。

子育ては「今」の積み重ね。ということばが印象的です。

子育てだけでなく「人生」において「今」の積み重ねは

とてもとても大事で、何年後か先の自分があるのは

「今」の自分があるから。

だか...

9/28/2017

「ふぇいすつーふぇいす」 

sodateku主催の座談会とは違う形で

お母さんと「育ち」に向き合い、一緒に「気づき」を見つけたい!

一緒に向き合うのはkunisann。

思春期真っただ中の男の子と女の子。

そして思春期前の女の子をもつkunisannも

日々悩み考えもがきながら子どもたちと向き合っています。

座談会は就学前のお子さんをもつお母さんを対象にしていましたが、

「ふぇいすつーふぇいす」では、どの年齢のお子さんをもつお母さんでも大丈夫です!

きっと涙あり笑いありの時間となるでしょう。

悩めるお母さんたち、お待ちしています!

ちょっとでも気になった...

9/27/2017

今日は振り替えの方だけの座談会でした。

みっちり話をしました。

メンバーはみなおしゃべりなので

いろんな例をあげて考えましたが

軸はブレていないと思います。

あとはおかあさんがそれをどう自分スタイルにできるか。

どうやって子育てを楽しんだらいいか。

それがわかりませんでしたと言われていました。

楽しめと言われても方法がわからなければできないですよね。

帰りに「今日は楽しみ方わかりました。」と

ほほえんでおられて私たちも笑顔になりました。

楽しみ方と言えば。。。

何かに集中している子どもの顔をみるの大好きです。

どこか凛々しくて、神々しくて。

いつもまだまだだな...

9/18/2017

人はいつも通りがとてもとても落ち着きます。

以前のブログ(定着化2/27/2016)では、

お子さんの日常の中での定着させてあげたい部分を最初は大人が気を付けてあげようとお伝えしました。

ある小学校高学年のお母さんが

「うちの子、朝起きないんです。

土日なんて何も言わなければ

昼まで寝ていて。」

と悩まれていました。

そんなお子さんは、そのリズムが

意外と今に始まっているわけではなく

よく聞くと幼稚園の時も

そして乳児期からそのリズム。

「そういえば、寝かしておくと

楽だったから朝起こさなかった・・。」

と乳幼児期の生活のリズムが

今になって悩みとなっています。

...

Please reload

最新記事
Please reload

​アーカイブ