© 2023 by SMALL BRAND.(著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。

BLOG

​お知らせ

ZADANKAI

「単発コースの座談会」詳細・申し込み

 

6/1/2018

たくさんのお母さんたちが焦ってます。

そして焦らせているのは

お母さんたち自身。

自分で自分を追い込んでる。

私もそうだったな。

なんか

こうしなきゃ。

ああするべき。

よい親にならなきゃ。

よい妻でいなきゃ。

他のおかあさんたちと一緒でなきゃ。

他の子と同じでなきゃ。

できないことはダメ。

早く歩くようになって

早くことば話して

早くおむつが取れて

早く字がかけて字が読めて。

好き嫌いなんかしてはダメ。

友達をかんではダメ。

思いやりのある子に。

お母さんであるわたしがなんとかしなかきゃ。

周りの誰もそんなこと思ってなくても

ひとり任務のように肩ひじ張って頑張って。

今ならそ...

5/25/2018

みなさんはどうですか?

親の言い分。

子の言い分。

毎日の生活でどちらが

大きく占めていますか?

社会というたくさんの人の中での

自分の言い分はとてもちっぽけ。

力関係があったりすると

とても言い分を前に出すことなんてできない。

社会が小さくなればなるほど

自分の言い分が占める割合は大きくなるから主張しがち。

親と子の言い分はそれぞれあるのに

どうしても

親の言い分>子の言い分

になってしまう。

親ばかりが主張していたりして。。

実は子のほうが親の言い分をよく聞いてくれていることに気づく。

もしかしたら

親の言い分<<子の言い分

になっている親子もいるかもしれない。

人と...

4/29/2018

2-3頃に多くみられるかんしゃく。

感情を抑えられないで激しく怒り出すこと。

自我が芽生えて欲求が強くなってくるその時期をいやいや期とも呼びます。

年齢が増すにつれて減ってくる傾向にありますが、小学生になってもみられることがあります。

もちろん思春期にも感情を抑えられずに

急に怒り出したりすることも。

そのかんしゃくが度々みられる子は、

周囲から「この子は癇癪もちだ」

などとマイナスのイメージで見られやすい。

でも私は、こう考えるようにしています。

もちろん感情のコントロールがまだ未熟だ。

ということも考えられるのだけれど、

小さなその子の内にあるエネルギ...

3/30/2018

 本当に暖かくなりました。

桜もほぼ満開。

春になると咲く花はほかにも

たくさんあって今日も

季節を感じれることが幸せですね。

ある子どものための絵本に

こう綴られています。

「信じるって?」

「それはわたしがいったことを

ほんとうのことだと思うこと。」

子どもを信じて。

自分を信じて。

って声をかけさせてもらうことがあります。

信じるってどういうこと?

なんか難しく考えてしまうけれど、

ほんとはすごくシンプルでいいのかも。

事実がどうかはわからない。

実際にみていないとわかるはずがない。

見る人によって同じことでも違う見方をする。

だから、

ほんとうかどうか。

真実か否か...

2/11/2018

生きるコツを伝えてあげよう。

子どもは子どもなりに

精一杯生きていっているけれど

まだ数年しか生きていないので

完璧にはわからないことだらけ。

大人も何年生きてもまだまだだけれど

自分の経験の中から

何か「コツ」みたいなものは伝えれるかも。

生活の中でのコツ。

お金の使い方のコツ。

人間つきあいの中でのコツ。

勉強でのコツ。

考え方のコツ。

食生活でのコツ。

オンオフの取り方のコツ。

でも不思議なことに

子どもから知らされるコツもあったりして。

自分と違う一人の人と関わりあうのは

子どもであれ、パートナーであれ

友達であれ、同僚であれ、

とても素敵なことかもしれない。

(写...

1/26/2018

人として生まれてきたからには

必ず人と出会い関わらなければならない。

でもそれは決して簡単なことではなく

とてもとてもつらいこともある。

もちろん楽しいこともある。

私自身は大人になった今も

人間関係にとても悩む時があって

でもその苦しいときがあるから

また人と関わりたいと思う。

相談に来るお母さんに

「私たち自身も大人になった今も

いろいろあるよね。」

というとほとんどのお母さんが

「そうです。」

と心から答える。

「だからまだ生まれて数年のお子さんが

すぐに人とうまくは付き合えないし

なんでもすぐできるわけがない。」

「大人になっても悩んでるし

いろいろ経験するから...

12/17/2017

早いものでもう2017年が終わろうとしています。

今年はどんな年だっただろう。

来年はどんな1年になるのかな。

そんなことを考えつつ

今日を、今を生きていく。

NPOおかやまおしえてネットの活動である

「はぐはぐプロジェクト」。

1歳までのはじめてのお子さんのお母さんを対象に

いろいろな専門の人からお話が聞ける講座です。

そこでお渡ししている大阪小児科医会のパンフレットの抜粋。

子育ては「今」の積み重ね。ということばが印象的です。

子育てだけでなく「人生」において「今」の積み重ねは

とてもとても大事で、何年後か先の自分があるのは

「今」の自分があるから。

だか...

11/21/2017

赤ちゃん学会が出しているある冊子にこう書いてあった。(以下要約)

『人は生まれながらして社会性をそなえている。

それは、

人は子どもの頃の特徴を多く残したまま発達し成熟するという変わった性質を持っているからだという。

他の生き物に比べると、姿かたちや行動の性質などの特徴が赤ちゃんの頃と大人になってからの差が最も小さいのだそう。

つまり人は他の生き物に比べて、

警戒心や攻撃性が比較的弱く、人懐っこくてすぐに仲間と打ち解ける。

でも進化の過程で生き残るのにそれがとても役立った。

確かにこんなに人間以外の生き物は

生き抜くために警戒心いっぱいで攻撃性が強く

...

11/8/2017

バランスは何においてもとても大切。

子育てにおいてのバランスを考えてみる。

おかあさんっていろんな役割を持っている。

妻であり嫁であり母であり

社会の人であり

そして

一人の人である。

だからこそそれぞれの役割のバランスを

上手にとっていかないとひずみがどこかで生まれるかもしれない。

11月12月で新しい活動をすることになった。

とても嬉しいことだけれどちょっと冷静になってみた。

その役割が増えることでどこか無理をするのなら。

つまり今まである部分に割けていた時間や心が

新しい何かに多くとられてしまうのなら。

もしかしたら全部の役割を今まで通り

頑張ってしまうか...

10/16/2017

多くのお母さんに感じる共通の部分があります。

たくさんのお母さんたちと子ども。

たくさんの親子の形をみてきています。

私が家庭の中に入っていくことはできないので、お母さんからのお話からしか

ご家庭での状況はわかりません。

目の前にいる親子の様子も

家で見せるものと私の前とでは違うかもしれません。

でも多くのお母さんに感じる共通の部分があります。

それはお子さんを大好きなゆえのこと。

とてもとてもたくさんの要求がお子さんに対してあるのです。

それはお子さんがよい大人になってほしいと願うがゆえのこと。

でもまだ数年しか生きていないお子さんが

動くたびに、歩くた...

Please reload

最新記事
Please reload

​アーカイブ