© 2023 by SMALL BRAND.(著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。

BLOG

お知らせ

 

FEELINGS  座談会に参加してくれた方の思いをご紹介。

募集中です!

「単発コースの座談会。」

開催日、内容の

詳細はACTVITYにて

Facebook

 

「怒り」・・信じることのできない先に

2/2/2017

人と人とが存在しあうのに必要なこと。

 

「信じること」

 

「信じることのできなかった人」には

「信じるべき」だとわかったとき

とてつもないほどの大きな

悲しみ・絶望感

喪失感・後悔

懺悔・怒り

様々な感情が襲ってくる。

 

そして「信じてもらえなかった人」にも同様のものがやってくる。

 

 

「怒り」という映画があります。吉田修一原作。

 

感情のことを気にかけている私は、

みえない糸で引っ張られるように映画館へ・・。

 

題名から「怒り」がテーマだと思い込んでいた私は衝撃を受けました。

 

「信じることができない人」が相手が「信じるべき人」だと分かった時のダメージは

こころに収めきれない感情に襲われる。

その先に「自分への怒り」があった。

 

そして、映画ではもう一つメッセージがあった。

「信じてもらえなかった人」がやはり「信じてもらえない」時のダメージや

「信じることができた人」が相手が「信じるべきでない人」だと分かった時のダメージも

こころには収まり切れない程の感情が生まれる。

そして「人への怒り」へと形を変える。

 

それでも私は、「信じたい」と思う。

可能な限り「信じることができる人」でありたいと思う。

 

 

”疑うより信じていたい たとえ心の傷が消えなくても”

小田和正さんの「たしかなこと」の一節です。

(8/9/2016 「疑う」より「信じる」)

 

Please reload

最新記事
Please reload

タグ検索
Please reload

  • facebook
  • Instagram
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now