© 2023 by SMALL BRAND.(著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。

BLOG

お知らせ

 

FEELINGS  座談会に参加してくれた方の思いをご紹介。

募集中です!

「単発コースの座談会。」

開催日、内容の

詳細はACTVITYにて

Facebook

 

問題行動だと思ったときはその子なりの「やりなおし」をしているのかも

6/8/2018

 

 長いタイトルをつけてしまいました。

 

親から見て問題または困っているとみることのできる行動。

たとえば、

ゆびすい

赤ちゃん返り

かんしゃく

登園しぶり

などなど。

 

これって本当に

それをやめさせないといけないのでしょうか。

 

子どもの発達の中で

歩き出して言葉が出だすとあとは

心の部分の発達がメインとなってきます。

 

その内面的な部分は表面的にみることができない。

子どもはまだそこまで成長していない心に

自分で抱えきれない負荷を感じた時

無意識に表面(行動)にだしてしまうのではないでしょうか。

 

親から見ると今までみえなかった部分が

突然みえちゃうからとても戸惑うしびっくりしてしまう。

 

しかもそれは親から見て困った行動。

 

子どもは無意識のうちに自分の足りない部分を察知して

それをもう一度やりなおそうとでたものがその行動。

 

成長するって不安だらけ。

だから指を吸って安心させて

パワーの足りない部分をなんとか補おうとしている

 

突然一家に仲間がやってきた。

まだ準備できてないのにどうしたらいいの?

戸惑いや不安をもう一度受け止めてもらいたくて

愛着形成のやりなおしをしているのが赤ちゃん返り。

 

社会がひろがるのはワクワクするけれど

その分不安もやってきてこんな気持ち初めて。

今日はちょっとお休みしてこころをリセットしたいよ。

 

そのやりなおしやリセット、精一杯自分で成長しようともがいている姿。

けなげでかっこよくて素敵だと思いませんか?

 

 

Please reload

最新記事
Please reload

タグ検索
Please reload

  • facebook
  • Instagram
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now