BLOG

お知らせ

 

FEELINGS  座談会に参加してくれた方の思いをご紹介。

募集中です!

「単発コースの座談会。」

開催日、内容の

詳細はACTVITYにて

Facebook

 

いやしい心

5/25/2016

毎回、集いの中でキーワードがいくつか出てきます。

 

その時のメンバーや、その時のコンディションで自分に響く言葉は変わってきます。

 

今回の集いで、私にヒットした言葉の内で「いやしい心を子どもの中に育てないで」というお話がありました。

子どもたちは褒められたり利益を得るために行動をする・・・のではなく、もともとは、もっと純粋な気持ちで行動をしているというお話。

 

今日も私はブログにどんなこと書いたらよく思われるかな…などと頭の中でいやしい計算している中、先日の出来事。

 

2.3歳の子たちがお片付けの時間になっても、室内でボールを投げて遊んでいました。段々調子が出てきて、お片付けどころか、お友達にぶつけたり、ボールを投げまくったり…そして、いくら言っても聞かない子どもたちにお母さんもイライラ・・・。

 

一方で、私たちが長机を片付け始めると、興味津々に目をキラキラさせて、その子たちが手伝いに来てくれ、小さな手で一緒に机を持ってえっさこらさ運んでくれました。

そこには褒められたいとか、良いことをしているなどという「いやしい心」は一切なく、ただ純粋に机を運ぶ作業をを楽しんで、達成感を一緒に味わい、その後は満足そうに、すんなりとお家に帰る準備ができました。こちらも、その健気さに心から「ありがとう」と。

 

子どもたちは、新しい体験だらけで、純粋に物事を捉えています。

それは褒めて欲しいから、良いことだから、やるのではなく、ただ純粋に楽しいから。

そんなことに気づくと、子どもへの関わり方に変化が生まれるかもしれません。

 

そして、私たち大人もかっこつけている自分も愛しながら、「純粋に楽しんでいる自分」を日常に見つけれるといいですね。

 

idei

 

Tags:

Please reload

最新記事
Please reload

タグ検索
Please reload

© 2023 by SMALL BRAND.(著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now