© 2023 by SMALL BRAND.(著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。

BLOG

お知らせ

 

FEELINGS  座談会に参加してくれた方の思いをご紹介。

募集中です!

「単発コースの座談会。」

開催日、内容の

詳細はACTVITYにて

Facebook

 

「おおきな木」

7/14/2016

おとなの絵本として、村上春樹が訳した本としても有名になった一冊。

「おおきな木」 シエル・シルヴァスタイン 著/ 村上春樹 訳

 

訳す人にもよるし、読み手によっても大きくとらえ方は違うけれど、

読み聞かせの一冊としてとても好きな本です。

 

子どもに読んでみると、男の子、女の子でとらえ方も違う気がするし、

年齢(学年)によっても感じ方が違う気がする。

 

”おおきな木”は無条件に”ぼうや”を愛し、

自分の体をなくすことになっても”ぼうや”が

幸せになれるなら、必要なものを与え続けます。

 

ある人はこれを”無償の愛”と表した。

私にとってはあまり好きではないというか、しっくりこない言葉。

 

ある人は”与え、与えられ”だと表現した。

与えられるものは物ではなく、こころかな。

 

是非一読を。

 

絵本ってすごいです。

 

kunisann

 

 

Tags:

Please reload

最新記事
Please reload

タグ検索
Please reload

  • facebook
  • Instagram
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now