BLOG

お知らせ

 

FEELINGS  座談会に参加してくれた方の思いをご紹介。

募集中です!

「単発コースの座談会。」

開催日、内容の

詳細はACTVITYにて

Facebook

 

「疑う」より「信じる」

8/9/2016

”疑うより信じていたい たとえ心の傷が消えなくても”

小田和正さんの「たしかなこと」の一節です。

 

”「不安」をベースではなく、「信頼」をベースに子どもと向かい合う”

こちらはある育児の本にあったことば。

 

以前、信頼関係や愛着形成について書きました。

人として、人との間には信頼関係はとても大切だと

大人になって社会の人になった私たちはわかっています。

 

子こどもと向き合うときも、人として接するときやはり信頼することは

とても大事です。

 

でも、お子さんと向き合うとき、

「疑い」や「不安」ばかりが先行していませんか?

”うちのこはまだこれができない、大丈夫かな”

”するっていったのにきっとできないわ”

”まだまだ私がいないとだめかな”

などなど。

 

「信じる」がベースなら、

”そのうちできるようになるよ、大丈夫”

”するって言ったからやる気はある。もう少し待っていよう”

”少しずつ私がいなくてもできることは増えてるな”

 

ベースが変われば、私たちの心の中が違います。

冷たく硬い感じから

温かくやわらかい感じへ。

 

kunisann

 

 

 

 

Tags:

Please reload

最新記事
Please reload

タグ検索
Please reload

© 2023 by SMALL BRAND.(著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now