BLOG

お知らせ

 

FEELINGS  座談会に参加してくれた方の思いをご紹介。

募集中です!

「単発コースの座談会。」

開催日、内容の

詳細はACTVITYにて

Facebook

 

こうあるべき!?

10/11/2016

お子さんにこんなことばかけていませんか?

「こうせんといけんやろ」

「そういうときはこんな風にするべきじゃない」

「それはしちゃあいけんよ」

「O歳ならこれはできるはずやろ」

「その服とそのズボンはおかしいからやめて」

「寒くなったから絶対長袖だよ」

「男の子はぬいぐるみ遊びは恥ずかしい」

「O歳にもなってどうしてそうなん?」

などなど。

私も言ったことあります。。。

 

すべて私主体の価値観や思い込み、もしかすると先入観だったなと思います。

もちろん社会にでるまでに、親が子どもに伝えないといけないことはたくさんあります。

最初の社会である家庭内のルールや自分のコントロールの仕方。

でもあまりにもたくさんのルールがあったり、個人的な線引きを

子どもに押し付けすぎてしまうと、きっと苦しくて居心地が悪くなります。

自分自身に置き換えて考えてみましょう。

近しい人から、いろいろ言われたら、「うるさい!」ってなってしまいますよね。

自分自身が子どもの時もきっとお母さんに反抗していたはず。

 

大事なのは、社会の中で心地よく生活できること。

ちょうどよい数のルールがあれば、あとは子どもの意思を尊重し、子ども自身に選択させること。そしてちょっとやっていることを見守ること。やってみて心地悪ければ、その後どうするかは子ども自身が決めていくのです。

「お母さんはこう思うんだけど、どうかな?」とか、「こっちとこっち、どっちを選ぶ?」など、お子さんに決定・選択させる方法で、自然と社会性は身につきます。

自分が選んで行動することで、自己肯定感も。責任感も。

だって、子どもはみんなわかってます。良いこと悪いこと。

ちょこっと信じてみませんか?

 

kunisann

 

 

Tags:

Please reload

最新記事
Please reload

タグ検索
Please reload

© 2023 by SMALL BRAND.(著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now